分配金を出す投資信託は、実額でいくら損をしているのか?

投資信託の「分配金」。保有している投資信託から分配金が出ると、なんだか得した気分になりますが、実際は、分配金が出る度に損をしています。投資信託の保有者は、分配金を受け取ることで、実額でいくら損をしているのでしょうか。シミ …

投資信託の実質コストを推定する時に「売買委託手数料」を参考にしてはいけない理由

投資信託の運用報告書に記載されている「売買委託手数料」は意味のない数字です。本当になさけない話ですが、金融機関で働く人でもこのことを分かっている人は皆無です。 スポンサーリンク 投資信託の実質コスト 投資信託の費用(コス …

楽天投信VTIとバンガードVTI(ETF)は、どっちが得か?

楽天投信VTIは、バンガードVTI(ETF)に投資する投資信託です。「楽天投信VTI」に投資する方がいいのか、購入手数料はかかるけれどランニングコストの安い「バンガードVTI」に投資する方がいいのか、多くの投資家にとって …

THEO、THEO+[テオプラス]を契約する前に知っておくべきこと

THEO+Docomo、Theo+〇〇銀行等、ロボアドバイザーによる個人向け投資一任運用サービス「THEO」が他社と組んで販売攻勢をかけています。「初めての人でも手軽に資産形成をはじめられます」。「 毎日を忙しく過ごす人 …

運用成績の大部分は運用スタイルで決まる

一見、パフォーマンスのよさそうな投資信託があっても、パフォーマンスの大部分は「運用スタイル」の違いで説明できることがほとんどです。運用会社が主張する「プロによる目利き」の効果は、あっても微々たるもの、というのが現実です。 …

ベンチマークを設定していない投資信託を買ってはいけない理由

巷には、ベンチマークを設定していない投資信託があふれていて、不幸にもこのような投資信託を買ってしまっている人がたくさんいます。こうした人たちは運用がうまくいってるか否かを知ることもないまま、長期投資の名のもとに、延々と信 …

パフォーマンスを実体よりもよく見せている運用会社はここだ

投資運用業界では、実際は運用がうまくいっていないのに、うまくいっているかのようにみせかける行為が横行しています。典型的な手口が「配当分を計算に入れない指数」をベンチマークに設定する行為です。そんな顧客本位とは程遠い行為を …

インデックスファンドを購入するなら、三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim」よりニッセイアセットの「購入・換金手数料なしシリーズ」の方がいいと思う理由

購入者目線に立てば、投資信託の購入・保有にかかる費用は安い方がいいに決まっています。僅か1%の信託報酬の違いが、将来の運用パフォーマンスの大きな違いになるからです。最近では、販売手数料ゼロのノーロード投信も増えてきました …

マネックスアドバイザー | おすすめできる唯一のロボアドバイザー

ロボアドバイザーを選ぶ時も費用対効果を考えることが大切です。その為には、少なくとも、支払う必要のある費用の総額を正しく把握することが大切です。長期投資では費用の差が大きな結果の違いとなるからです。この観点から、現時点でお …

利用すればするほど損をするロボ・アドバイザー

投資一任契約型のロボ・アドバイザーの大半が、費用が割高の為、長期で利用すればするほど損をするサービスです。運用業界にとっては、顧客から継続的に費用を徴収することができるおいしいサービスなので、多くの投資家を取り込もうと必 …