THEO、THEO+[テオプラス]を契約する前に知っておくべきこと

THEO+Docomo、Theo+〇〇銀行等、「THEO」が他社と組んで販売攻勢をかけています。Theoを契約する前に、知っておくべき注意事項をお伝えしたいと思います。

参考にならない運営会社のシミュレーション

同一サービスで異なる2つのシミュレーション

まずは次の2つのグラフをご覧ください。どちらも、THEOの運営会社が作成・掲載しているシミュレーション結果です。

パターン1

次のグラフは、本家本元のTHEOのウェブページに掲載されているシミュレーション結果です。(出所:https://theo.blue/ 2018年10月末現在)

これを見て、皆さんはどういう印象を持たれるでしょうか。

結構、儲かりそうだな。たとえ上手くいかなくても、そんなに損をしなさそうだな。こう考える人は、既にシミュレーションの罠にはまっています。理由は後で詳しく説明します。

パターン2

次のグラフは、NTTドコモとの提携サービス(THEO+[テオプラス] docomo)のウェブサイトに掲載しているシミュレーション結果です。(出所:https://docomo-inv.com/theo/ 2018年10月末現在)

10年後に期待される運用資産額が、先ほどは571万円だったのに、今度は588万円になっています。

この違いは何でしょうか。

(ちなみに、このグラフにおいて、青い太線が最終的に600万円を超えて表示されています。太線の下端を見ないといけないのでしょうか。)

2つのシミュレーションの違い

結論から言うと、2つのシミュレーションの違いは、パターン1は運用報酬控除後、パターン2は運用報酬控除前の結果を表しているからです。

パターン2は、なぜ運用報酬を反映しないシミュレーション結果を掲載することになったのでしょうか。提携相手のdocomoから、少しでも儲かるように見えるよう要請でもあったのでしょうか。

同じサービスなのに、異なるシミュレーション結果を別々の顧客に示すのは、顧客を欺く行為に他なりませんです。直ちに改めるべきです。

シミュレーションを見る時の注意点

シミュレーション結果を見る時に、一番大切なことは、「シミュレーションはあくまでもシミュレーションにすぎない」という当たり前の基本認識を常に持つことです。なぜなら。シミュレーション結果は、計算の前提条件を変えることで、都合のいいように作ることができるからです。

逆に、シミュレーション結果を示す立場の者(運用会社)は、最低限、計算の前提条件を明らかにすべきです。特に投資の初心者を相手にする以上、運営側は、都合のいいことだけでなく、不都合なことも全て開示すべきです。

次に、THEOのシミュレーションを見る場合の注意点を具体的にお伝えしたいと思います。

計算の前提が妥当か

シミュレーションの前提条件が妥当か否か判断するのはとても難しい問題です。将来のことは誰も予見できず、何をもって妥当と判断するかは主観を入れざるを得ないからです。

前提条件がわからないシミュレーションは一考する価値なし

ただTHEOに関しては、妥当か否かを判断する以前の問題があります。それはシミュレーションの根幹である「リターン」と「リスク」がそもそも開示されていないことです。

シミュレーション結果は、リターンとリスクをどう見積もるかによって、大きく変わります。結果をよく見せることはいくらでも可能です。前提条件を開示しないTHEOシミュレーション結果は、一考の価値もありません。

楽観的な前提

運営会社が開示していないので、ここからは推測の話になります。

当サイトでは、THEOのシミュレーションが前提としているリスクとリターンは、リターン:約7%/年リスク(期待収益率の変動度合い):約12%/年と推定しています。

推測が正しければ、シミュレーション結果は楽観的で、リスクが過小評価されていると私なら判断します。

公的年金のGPIFがバランス型運用で想定している期待リターンは約4%です(2020年12月時点)。この4%ですら、想定が楽観的ではないかと議論されています。こうした現状に照らし合わせた時、期待リターン7%(当サイトの推測)は実現性に乏しい楽観的な想定値に思えてならないからです。

運用資産額が、積立投資で増えたのか、運用益によって増えたのか区別できない

THEOのシミュレーションは、毎月3万円づつ積立投資をする前提で計算されています。そして、グラフに表示されている運用資産額は、この毎月増えていく積立額込みの数字が掲載されています。

これだけだと、運用資産額が、積立によって増えたのか、運用益によって増えたのか、区別できません。投資の初心者のみならず、多くの人は、右肩上がりで増えていく運用資産額のグラフを見て、実際は積立投資により運用元本が増えているだけでも、あたかもすごい運用益が上がっているかのような錯覚を覚えるでしょう。

シミュレーション結果をより正確に理解してもらう為には、運用資産額から運用元本(総投資額)を除いた、運用損益の推移も示すべきです。

費用・税金の影響が明確に示されていない

THEOは運用資産額の一定割合を投資一任報酬として顧客の口座から毎日徴収しています。しかし、投資家はシミュレーション結果を見ても、実際に費用としていくら支払うことになるのか、イメージすることができません。

最先端のテクノロジーをうたうのであれば、THEOは最低限、費用や税金の支払いを考慮したシミュレーション結果を顧客に示すべきです。前提条件も明らかにしないで、どんぶり勘定のシミュレーション結果しか示さないのは、顧客に対して不誠実ではないでしょうか。

当サイトが妥当と考えるシミュレーション

THEOの示すシミュレーション結果は、前提条件が楽観的で、リスクが過小評価されていると当サイトは認識しています。

また、ターゲットとする投資の初心者に対して、前提条件が不明などんぶり勘定のシミュレーション結果を示して勧誘するのは、不誠実で、会社の矜持に関わる問題です。

そこで、当サイトが妥当と考える前提条件で計算したシミュレーション結果を公開したいと思います。

前提条件

本家本元の「THEO」のシミュレーションとの主な違いは下記のとおりです。

  • THEOが想定している(と推定する)期待収益率7%/年ではなく、(世の中のバランス型ファンドで広く想定されている)より現実的と考える水準、4%/年で再計算する。
  • 投資対象資産のリスク(変動度合い)は、THEOと同水準(と推定される)の12%/年とする。
  • 費用(投資一任報酬にその他費用を加えた実質コスト)と税金を考慮したシミュレーション結果を示す。
  • 資産価値から運用元本を除いた投資損益も明確に示す

シミュレーション結果

次に示す結果は、THEOのシミュレーションと同様に「初回50万円を投資して、毎月3万円を10年間、積立投資した場合」の計算結果です。支払い費用は投資一任報酬とその他費用、税金の合計額を表しています。

THEO試算 当サイト試算
総投資額 410万円 410万円 0
支払い費用 0万円 -49万円 -49万円
最終運用資産額 588万円 446万円 -142万円
投資損益 178万円 36万円 -142万円

THEOのシミュレーション結果と比べて、費用や税金を考慮した当サイトの試算結果は、約142万円、利益が少なくなります。

当サイト試算のTHEOのシミュレーション詳細は次のリンク先をご覧ください。

まとめ

THEOがウェブサイトで公開しているシミュレーション結果は、費用を一部考慮しているバージョンと、費用を全く考慮していないバージョンの2種類あります。そんな、カラクリがあろうとは、投資の初心者ならずとも一般の人は知る由もありません。

最先端のテクノロジーをうたう会社が、シミュレーションの前提条件を明らかにしないまま、どんぶり勘定のシミュレーション結果を示しています。

THEOの運営会社は、「運用報酬は1%だけ」として、費用が割安であるかのような宣伝をしています。運用報酬2%から3%の(ぼったくりと言われている)「ラップ口座」と比較して、割安と主張しているのであれば、時代錯誤もいいところです。

サービス内容は他社が一朝一夕で真似できない素晴らしいものだけに、売り方がチープで残念です。

最後に、THEOを契約する時に注意すべきことをお伝えします。

  • 「初めての人でも手軽に資産形成をはじめられます。」(ただし、それなりの費用を徴収します。)
  • 「知識なしでもOK」(運用の世界では他の誰かに任せたら、よりよい結果が得られると考えるのは幻想で、確かなことは、支払う手数料分は確実に損します。)
  • 「毎日を忙しく過ごす人の預金にかわる新しい選択肢へ。」(ただし、それ相応のリスクも覚悟してください。)

THEOと同じ国際分散投資を行うなら、費用が割安な他の選択肢があることを知ってください。詳しくは次の記事をご覧ください。

ファンド分析 | THEO(テオ)
利用すればするほど損をするロボ・アドバイザー